Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

ハマグリは焼いて食べたい

clams cantonese @ hop kee

貝と言えばハマグリが好きです。

貝は栄養素の点からみると「体の一部を食べる貝」と「体の全部を食べる貝」に分けられます。前者にはホタテ貝、アワビ、赤貝など、後者にはアサリ、シジミ、ハマグリなどが挙げられますね。

一般的に言えば、体の一部を食べる貝の方がエネルギーは高く、タンパク質が多く含まれていることが多いです。それに対して体の全部を食べる、つまり内臓も食べる貝のほうが、ビタミン類が多く含まれている傾向があります。


ハマグリはタンパク質を適度に含み、エネルギーは貝類の中では低めであるうえ、鉄とともに貧血状態を改善するビタミンB1とB2が多く含んでいます。

続きを読む

【レシピ】ごはんですよ!で月見とろろそばをパスタに。山葵のピリ辛が新しい長芋の和風パスタ〜山葵と海苔風味〜


※ソース焼きそばとちゃうで、海苔パスタやで。

月見とろろ蕎麦をパスタに

“ごはんですよ!”万能過ぎて、ハマってしまっています。“ごはんですよ!”はもう米に使うためだけのもやないですね。

今日も“ごはんですよ!”を使ったパスタを紹介します。海苔と、山葵と、長芋を使いました。イメージは月見とろろそばをパスタに変えるイメージです。

長芋の和風パスタ〜山葵と海苔風味〜

材料(2人分)

乾パスタ・・・・・・160g
長芋・・・・・・・・10cm
卵・・・・・・・・・2個
ネギ・・・・・・・・適量
オリーブオイル・・・大さじ1(炒め用)
ごはんですよ!山葵ソース
ごはんですよ!・・・大さじ3
オリーブオイル・・・大さじ2
山葵・・・・・・・・5cm程度
麺つゆ・・・・・・・大さじ1

作り方

1.長芋を切る

とろろそばをパスタにというコンセプトに基づいて、具材は敢えて長芋のみにしました。摩り下ろすことも考えたんですけど・・・オリーブオイルととろろいもを組み合わせる勇気がなく、海苔のソースもきっとドロっとする食感になることから、ここは、シャキシャキ感ともちっと感が残るように、敢えて太めの短冊切りしました。

2.長芋を炒める

切った長芋をオリーブオイルで炒めます。パスタの要素も加えたいんので。パスタには、やっぱりオリーブオイルですよね。

表面がこんがりキツネ色になるまで、炒めました。

3.ごはんですよ!山葵ソースを作る

さて、ここでこの月見とろろパスタの肝になるところ。ごはんですよ!、オリーブオイル、麺つゆ、山葵の順に混ぜていきます。一応ベースになるのは、オリーブオイル。パスタに和えながら混ぜても、分離してしまうので、ここでしっかり混ぜて、オリーブオイルに海苔や山葵が分散させます。

4.パスタを茹でる

ここで、パスタを茹でます。茹で方は、袋に表記されている早茹で2分。

5.パスタと具材をごはんですよ!山葵ソースと絡める


パスタを茹でたら、フライパンに入れて、長芋とパスタをごはんですよ!山葵ソースと、おたま2杯分のパスタの茹で汁に絡めます。

ごはんですよ!山葵ソースのオリーブオイルとパスタの茹で汁をさっと乳化させて完成です。

薬味にネギとゴマ、そして月見を載せる

パスタとソースが絡んだら、お皿に盛り付け。薬味にゴマとネギを載せます。

あとはコンセプト通り、月見とろろ蕎麦風パスタということで、黄身を上に載せます。見た目は立派なソース焼きそばですね。

とりあえず完成です。

ちょいピリ辛でもあっさりの山葵海苔パスタで新しいんじゃない?

見た目はソース焼きそばですが、全然塩辛くなくて、中身は麺つゆの鰹出汁の効いた海苔の味ですね。和風のあっさり系ですね。とろろそば に近いかっていうと、麺つゆと山葵、海苔の組み合わせはざるそば風ですね。

ちょっとだけ山葵がピリっとするのが新しいのではないでしょうか?山葵の風味がするパスタなんて出会ったことないですよ。

ちょっとぐらい山葵多く入れても、問題なしです。卵の黄身でまろやかになるし、何はともあれ、ごはんですよ!とも相性いいです。もっと冒険して、山葵の量を増やせば良かったと後悔するレベル。

長芋は安定の旨さ。外はカリッとしてて、シャキシャキ感は食感に飽きをこさせない工夫になってますね。あと山葵と合わせる具材としても長芋は優秀でした。次はとろろにする?いやまだ勇気が出ないよねw


生わさび小3本セット(合計約110g)

生わさび小3本セット(合計約110g)

【レシピ】海苔とニンニクの風味が抜群!ごはんですよを使った“きのことニンニクの海苔パスタ”


“ごはんですよ”でオイル系海苔パスタ

旨味成分というのは色んな旨味成分を混ぜることで相乗効果でさらに美味しくなることはすでに知られていますよね。例えば、昆布と鰹の合わせ出汁というのは昆布のグルタミン酸とカツオのイノシン酸の旨味成分の2つを組み合わせてより美味しい出汁にするわけですね。


旨味成分の組み合わせを利用して美味しくできるのであれば、1つの食材に複数の旨味成分が含まれていればより簡単に旨味の相乗効果を利用できるわけですね。


複数の旨味成分が含まれている身近な食材に“海苔”です。海苔には、3つの旨味成分が含まれています。それは、グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸ですね。海苔を味付けの主役にすることで、簡単に旨味成分の相乗効果を活かすことができます。

続きを読む

【レシピ】魚料理のレパートリーを増やしたいなら、醤油の代わりにオリーブオイルで煮詰める!!"アクアパッツア"

醤油の代わりにオリーブオイル。魚をオリーブオイルの水煮アクアパッツァをレパートリーに加えたい

魚料理といえば、焼き魚、煮魚、天ぷら、フライ...などなどありますが、さらにレパートリーを増やしたい人にアクアパッツアがオススメです。

アクアパッツアとは、イタリアの郷土料理のことです。イタリア語で“アクア”は水、"パッツア"は暴れるという意味で、水にたっぷりとオリーブオイルを咥えて強火で煮る調理法のことです。日本で言う魚の煮付けを醤油の代わりに、オリーブオイルを使うイメージですね。

続きを読む

梨酒の試飲、初めてにしては上出来。ソーダで割れば立派なデザート酒

f:id:t-dicek:20171029193950j

梨酒を漬けて1ヶ月半

梨を焼酎に漬け始めてだいたい1ヶ月半が経ちました。最初に決めた期間も過ぎて、そろそろ飲んでもいい頃合ですね。

ちょっとだけ経過をまとめます。

▲漬け始め

漬けた頃の色は透明な焼酎に梨がゴロゴロ入ってた感じです。梨も浮いて沈みません。

blog.kitchen-labo-bar.com

続きを読む

【レシピ】ちょっと残った冷凍餃子を茄子で巻いてみた。かさましジューシーな茄子巻き餃子


冷凍食品の餃子って中途半端に残らへん?

この前の過ぎるTVでも、関西人が大好きな冷凍餃子。手軽なのは当たり前ですけど、最近のは不味いものを探す方が難しいほど出来がいいですよね。

大抵、冷凍室には常備してあって、仕事で帰りが遅く鳴った時にはついつい作ってしまうもんですね。餃子を晩御飯に出したら、お互いに今日は疲れて料理するの疲れてるんだね、妻と意思疎通ができるほどのまぁど定番ですね。

そんだけよく使うので、一つの袋に大量に入ってるものをよく買います。圧倒的にコスパが良くて美味しいのは、餃子計画さんの冷凍生餃子ですよね。(一個約15円ぐらい)

でまぁ、まとめて買ってちょくちょく使うパターンの場合、どうしても数個だけ残ってた、ってこともありますよね。

続きを読む

ダイソーで売っている道具だけで燻製ができるか!?

ダイソーの道具だけとは思えない出来栄え

妻がいないキッチンは実験室と化す

久しぶりに実験みたいなクッキングをしてみました。ちょうど嫁が友達の結婚式と実家の法事が重なって週末実家帰っているタイミングがあったので、普段できないことをやってみました。

嫁がいたら確実に怒られること、キッチンが臭くなること。いないタイミングで臭いを消しておけば、ばれなければOKなんで。今日は香りの強い物を作ってみたいですよね。

続きを読む