Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

食材

【レシピ】ちょっと残った冷凍餃子を茄子で巻いてみた。かさましジューシーな茄子巻き餃子

冷凍食品の餃子って中途半端に残らへん? この前の過ぎるTVでも、関西人が大好きな冷凍餃子。手軽なのは当たり前ですけど、最近のは不味いものを探す方が難しいほど出来がいいですよね。大抵、冷凍室には常備してあって、仕事で帰りが遅く鳴った時にはついつ…

ケシの実、ベーカリー風味と飾りに最適な粒

炒ったり焼くなど独特のロースト臭も加味されてめっちゃ香ばしく ゴマよりももっと小さく、丸くて愛らしいケシの実。ケシの蒴果のことを罌粟(ケシ)坊主とも言いますが、罌という文字は瓶とか缶を意味します。ちょうど蒴果が瓶のような形をしていて、その中…

秋の果物・梨酒を作ってみた

梨酒を漬けてみた 前々からお酒を漬け込んでみたいなぁ、って思ってて。用意するのは瓶と酒、果物、氷砂糖だけで初期投資も少ないし、コスパも良いし、美味しいし、ええ趣味じゃないですか。 そして遂にこの週末に決行しました。手始めに焼酎に梨を漬けまし…

アボカドの皮を簡単に剥く

アボカドを汚さずに皮って剥くの大変じゃない? 料理をし始めた頃って、アボカドの皮ってどうやって剥くか分かりました?初めてアボカドを使ってみようと思った時、ピーラーを使ったり、桂剥きをしてましたからね笑皮が硬いくせに実が柔らかくって、滑りやす…

アイスクリームの成分の組み合わせは無限大の可能性がある。

アイスクリームの美味しさの秘密ってなんでしょうか 私もアイスクリームが大好きで、この季節には食べずにはいられません。最近のアイスクリームは、バラエティーにかなり富んでいます。アイスクリーム好きは多いと思いますが、一年中冷たい物を食べるオース…

おかず兼用の混ぜご飯!きのこと豚肉の混ぜご飯

簡単に美味しくできる混ぜご飯 残業から帰ってきたらご飯を作るのがとてもおっくうになってしまいますよね。。家に帰ってもご飯が炊けるのを待つってのもめんどくさいですし。そんな時に僕がしょっちゅう使っている、簡単、おかずとご飯を一緒に食べられるレ…

着色された加工肉は本当に避けるべきか

肉の加工製品を美味しそうに見せる添加物の正体は亜硝酸塩 ハムやコンビーフ、ソーセージは、長期間保存ができるように、そして腐敗を防ぐための保存処理が施されています。昔ながら保存処理といえば、燻製、乾燥、塩漬けでしたが、冷蔵保存と機械による商品…

【レシピ】大根ロールトンカツ柚子胡椒風味 ~薄い豚肉でもジューシーに仕上げる~

大根を使った肉の旨味を引き出すレシピを考えた 冬が旬な野菜に大根がありますね。コンビニの大根とか誘惑の塊ですよね、この季節。大根はダイエットにも最適な食材ですよ。根の部分にはビタミンA、C、カリウム、食物繊維、消化酵素が豊富に含まれています…

オランダを代表するゴーダチーズのオススメ5種を食べ比べ!

近代日本のチーズに大きな影響を与えたチーズの輸出大国 国名はオランダ語で「低地の国」を意味するネーデルラント。国土の1/4が海面よりも低く、国土の多くをポルダーと呼ぶ干拓地が占めています。13世紀以来推し進めてきた干拓により、少しずつ領土を広…

チリ―パウダー~メキシコ料理の立役者~

メキシコ料理には欠かせないチリ―パウダー チリ―パウダーはメキシコ料理やアメリカ南部の料理によく使われています。「チリ―」という言葉はメキシコで辛いという意味を持ち、メキシコさんおレッドペパーにこの名が付けられています。そのため、ともすればチ…

【レシピ】辛い大根おろしが好きな人はぜひ試して、ゆで豚とキャベツのおろし和え

大根が寒くなると甘くて柔らかくなって美味しくなる 古くは白い肌の美しさを表した大根ですが、残念ながら今では太く不格好な女性の足を表す「ダイコン足」、下手で人気のない役者を指す「ダイコン役者」などと、あまり風情の内使われ方をしています。とはい…

【レシピ】塩麹はなんでも美味しくなる万能の調味料?塩麴に漬けた鶏肉のから揚げ甘酢かけ

塩麹、こうじや京作特製「塩糀」をいただきました 塩麹をいただきました。4~5年前にブームがありましたよね。なぜ、塩麹がブームになったのか?それは“どんな料理に使っても美味しくなるから”でした。昔、"所さんの目がテン!”で塩麹が取り上げられていて…

保温、冷蔵、冷凍・・・米の保存で一番おいしいのはどれだ?

米はアツアツが一番ですが、保存するときは冷凍で その昔、釜で炊かれたご飯はすぐにおひつに移され、食卓にあがりました。おひつに移されたご飯が美味しいのは、おひつの木肌が炊きあがった後の余分な蒸気を外にのがすければ、必要以上に水分を逃すことはな…

ワカメに含まれる食物繊維が高糖化のカギ

ワカメのぬめぬめが消化を遅らせ余分な糖や脂肪を排出してくれる ワカメは海に囲まれた土地に暮らす日本人が昔から食べてきた食材の一つですね。海の野菜と呼ばれて、ミネラルの宝庫といっても過言ではありません。ワカメには、カリウム、リン、マグネシウム…

サフランライスのきれいな黄金色を演出するスパイス・サフラン

スペイン料理のパエリアに欠かせないスパイス、サフラン サフランは観賞用として親しまれているクロッカスの仲間ですが、クロッカスは春に開花するのに対してサフランは秋に薄紫色の花を付けます。スパイスとしてのサフランは1gあたり1000円と、スパイスの…

美味しいブランド牛はレストランよりも通販で買う方が絶対お得。

結局、ブランド牛ってどんな牛や? 松坂牛、神戸ビーフ、近江牛など、日ごろ耳にするブランド牛とはどんな牛なのかご存知でしょうか。全国各地で育てられているブランド牛。北は北海道から南は沖縄まですべての都道府県に牛肉のブランドがあります。全国の牛…

現代人には鯛の養殖物の方が美味しく感じるのかも

腐っても鯛、鯛に含まれるイノシン酸は壊れにくい 鯛のような磯魚は、カツオやマグロのように長時間全速力で泳ぎ続ける必要はありませんが、餌を捕獲したり、敵から逃げるときに瞬発力を発揮する必要があります。そのため、磯魚は筋肉の収縮が敏速ア白い筋肉…

パプリカのカラフルな色素はファインケミカルが豊富な証!

第7の栄養素 野菜や果物の色素や辛味、香りの成分には強い抗酸化作用があり、体内の活性酸素を取り除いて酸化を防ぎ、免疫力を高める効果が期待できます。そのような機能性成分は"フィットケミカル"と呼ばれていて、人間に欠かせない炭水化物、タンパク質、…

口臭が気になるあなたに一杯の梅昆布茶を

小さな一粒の中に大きなパワーが詰まった梅干し 6月~8月に収穫される梅は、クエン酸とポリフェノールが豊富に含まれ、疲労回復や抗酸化作用などの健康効果に加え、口臭を予防する効果があります。 梅干しとは、青梅を塩漬けにした後、天日に干して作り、…

おつまみに最適かも。クルミには脳の老化抑えてくれる。

taken by @dashu83 くるみは脳の老化を抑えてくれるスーパーフード 老化の原因の一つと言われているものに「糖化」があります。糖化は脳の老化に影響を与えます。糖化は余分な糖がタンパク質と結合し、AGEs(終末糖化産物)に変化し、体内に蓄積されて様々な病…

これからが旬。肌のシワやたるみが気になる人はブロッコリーを食べよう

タンパク質とブロッコリーのビタミンで身体を内部から保湿 年齢とともに気になり始めるシワやたるみは肌の乾燥が原因です。特に冬は空気が乾燥し、エアコンの使用によってさらに肌が乾燥し易くなる季節。毎日の保湿と食事によるケアが大切になります。偏った…

肉に比べて魚の方が火の通りが速い、魚肉はパサパサになる前に仕上げること

魚肉は他の肉よりも火の通りが速い ワインと同じように、肉にも赤と白があります。牛肉は赤、魚は白がほとんどです。サーモンのピンクはワインのロゼというところでしょうか。サーモンがピンクなのは、エサに殻がピンク色の甲殻類を食べているからです。フラ…

刺身にするならしめてすぐじゃなくて、少し寝かせて旨味を蓄積させてから

しめたての魚には旨味が不足している 新鮮な魚が入ったら、まず刺身で食べたいと思う人は多いはず。しかし、必ずしも釣ったばかりの魚が一番美味しいとは限らないのです。さばいたばかりで、まだエラが動いているような活け造りは、いかにも新鮮で美味しそう…

美味しいトマトの見分け方、トマトはより小さい方が甘く、美味しい

ミニトマトの方が通常のトマトよりも栄養面も美味しさも優れる ビタミンCやビタミンA(βカロテン)の摂取が期待でき、抗酸化作用の強いリコピンも大量に含むトマト。トマトに含まれるリコピンは熱に強く、料理の際に煮たり焼いたりしても抗酸化力があまり…

茄子はゴマ油を塗って焼き上げると、淡白な味にコクが深まり、パサパサになりにくい

茄子にゴマ油を塗って焼くとコクが深まり、食べごたえも増える 油を塗ると、淡白な野菜の味にコクが加わるとともに、切り口から水分が蒸発しないため、パサパサになるのを防ぎます。また、水溶性の成分が流れ出るのを防ぐ働きもあります。茄子の焼き物でポピ…

タマネギの硫化アリルと酢のアデノシンが高血圧対策に

タマネギの硫化アリルと酢から生まれるアデノシンが高血圧の予防にもなる 血液の流れが悪くなると血管にかかる圧力が上がり、血圧が高くなってしまいます。この状態が高血圧という症状です。これをそのまま放置してしまうと、血管が傷ついたり、硬くなったり…

酢とタマネギの組み合わせで血液をサラサラに

酢タマネギは動脈硬化の予防にも一役買う 脂肪が多い食品ばかりを食べていると、血液中に中性脂肪や悪玉コレステロールが過剰に増え、血液が粘っこくなります。 粘っこい血液は、ヘドロのようで、血管の壁にへばりつき、血管を狭めるのです。そうなると、血…

冷凍食品の野菜がきれいな緑色を維持できるのは?

ホウレンソウを冷凍室に入れたら褐色に 生のホウレンソウが余ってしまった。。。冷凍しておいて、みそ汁にでも入れるか。」ところが、一週間経って、いざ冷凍庫を開けてみると、保存しておいたホウレンソウは茶色っぽい緑色に変わってしまい、一方で、冷凍食…

しじみは冷凍保存することで二日酔いに効くオルニチンが8倍まで増える

photo by Annabelle Orozco しじみは冷凍保存することにこしたことはない しじみ汁が二日酔いに効くなど、しじみが肝臓の機能をアップさせることは知られていると思います。 しじみに含まれるオルニチンの作用です。 しじみの年間漁獲量の約4割を占める、日…

生シイタケのカサの裏のヒダから胞子が落ち劣化の原因に、軸を上にして保存しておこう

生シイタケは胞子を落とさないようにカサを下、軸を上に保存 シイタケは、私たちが良く食べる野菜の中ではユニークな特徴を持っています。天日乾燥させることでビタミンが増加するというのも異例ですが、保存の仕方も他の野菜とは逆のセオリーがあるのです。…