Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

リンゴの皮のピカピカやベタベタが食べごろサイン

http://www.flickr.com/photos/21099949@N00/12581147504
photo by theofrenz

リンゴの皮がピカピカ、ベタベタし始めたら食べごろサイン

リンゴには「1日1個のリンゴで医者いらず」と言われるほどの栄養素が含まれており、美肌に欠かせないポリフェノール、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、女性にうれしい栄養素が含まれています。


店頭に並んでいるリンゴで、果皮がピカピカに光っていたり、ベタベタしているものを見かけたことはありませんか。


これらのリンゴは見た目がツヤツヤしているので美味しそうに見えますが、この光沢を、日持ちをよくするために塗るワックス(被膜材)によるもの」と誤解している人も多いのではないでしょうか。

ワックスは、欧米ではリンゴをはじめ、多くの果物などに使われていますが、日本ではミカンなど柑橘類の表面胃しか使われていないようです。


リンゴの“ピカピカ”や“ベタベタ”の正体は、ワックスではなくリンゴ自体が持つ「ろう物質」。リンゴの独特の「油あがり」と言われる現象です。


リンゴは熟してくるにつれてリノール酸やオレイン酸が増えていきます。これが皮に含まれるメリシン酸やノナコサンなどのろう物質を溶かし、表面に現れてくるため、ピカピカ、ベタベタしてくるのです。


つまり、リンゴの自身の天然のろう物質が、保温や水を通さない役目を果たしているのです。


リンゴの“ピカピカ”も“ベタベタ”もリンゴがもつ自然の知恵。熟すにつれて現れる現象なので、リンゴが食べごろになった目安といえます。なお、リンゴは種類によっても“ピカピカ”“ベタベタ”物質の分泌量は異なり、国内酸のリンゴの中では特にジョナゴールド、つがる、千秋などでよく見られ、ふじや王林ではあまり見られません。

リンゴは皮を剝かずにかじった方が栄養が摂れる

リンゴには、リンゴポリフェノールという成分が含まれています。このリンゴポリフェノールは抗酸化力があるため、血液の改善やコレステロール値の抑制など、生活習慣病の予防にも役立つと言われています。


また、一般的にリンゴは皮を剝いて食べますが、リンゴの皮やその近くには食物繊維やポリフェノールなどの栄養が含まれているので、なるべく捨てないで食べたいものです。


リンゴは保存性の高い果物。完熟していない場合、冬は暖房の入っていないところで箱に入れておけば1カ月は美味しく食べられます。ただし、暖かい時間や暖房が入る場合は冷蔵庫に入れましょう。

lovelabokitchen.hatenablog.com