Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

糖類ゼロには糖質ゼロには含まれていない甘味料が含まれている

http://www.flickr.com/photos/26320335@N06/4907570997
photo by Yagan Kiely

糖質ゼロの糖質には甘味だけでなくデンプンなども含まれる

食品や飲料のパッケージでよく見かける「糖質ゼロ」と「糖類ゼロ」言葉の響きはよく似ていますが、それぞれの意味は多少異なります。


「糖質ゼロ」の「糖質」とはタンパク質や脂質と並ぶ三大栄養の一つである炭水化物から食物繊維を除いたもので、私たちの体のエネルギー源です。砂糖など、「甘く感じるものが糖質」というイメージがありますが、米や小麦など穀類、芋類などが多い「デンプン」も糖質です。


「糖質ゼロ」とは、飲料など製造時に原料として使用していたとしても、最終商品での糖質の含有量が食品100gあたり、あるいは飲料の100mlあたり0.5g未満であるということ、健康増進法に基づく栄養表示基準制度により、「糖質ゼロ」と表示することができます。

ただし、アミノ酸の一種のアスバルテームなどが甘味料として使われることもあります。この場合、甘味はありますがカロリーはほぼゼロです。


「糖質ゼロ」と似た表現に「糖質オフ」があります。「糖質オフ」は、その食品や飲料に含まれている糖質が食品100gあたり5g、飲料100mlあたり2.5g以下であるということです。


私たちが日頃何気なく目にしている「糖質ゼロ」と「糖質オフ」には、それぞれにきちんとした決まりごとがあり、「糖質ゼロ」よりも「糖質オフ」のほうが、糖質が多く含まれているということが分かります。

糖類ゼロの糖類は単糖類やショ糖類のみが含まれる

「糖質ゼロ」に対して、「糖類ゼロ」にはどのような意味があるのでしょうか。「糖類ゼロ」の「糖類」とは、糖質を構成する要素の一つ、ブドウ糖、果糖、乳糖、麦芽糖などにあたる単糖類と、ショ糖などの二糖類から成り立っています。これらの糖類が、食品100gあるいは飲料100mlあたり0.5g未満であれば、「糖類ゼロ」と表示できます。


ただ、多糖類であるオリゴ糖、糖アルコール類であるキシリトールなど甘味料として使われるものは、「糖質であるが糖類ではない」とされています。したがって、「糖類ゼロ」の表示でも、オリゴ糖やキシリトールが含まれていることもあるのです。


この場合は「糖類ゼロ」でも甘味があり、砂糖よりも少ないものカロリーもあります。このように、似ていても異なる意味をもつ表示。表示と原材料を見比べてみると、新しい発見があるかもしれません。


アサヒ スタイルフリー 350ml缶×24本

アサヒ スタイルフリー 350ml缶×24本