Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

善玉菌を育てる酢タマネギ、酢タマネギが善玉菌にエサを与えて腸内環境を整える

腸内から栄養は身体に送り込まれる

Vidalia Onion Barbeque Sauce

腸は、毎日摂取した食物の栄養を吸収し、不要なものや害のあるものを排出する役割を持っています。そこで吸収された栄養は、回り回って血液の質やその人の体質までに影響します。


つまり、腸内の環境がよくないと。体の求める栄養が吸収されないばかりか、害のある細菌やウイルスの排除などにも支障が出ます。


腸内には100種類以上、全部で100兆個の細菌が住み着いています。これら腸内細菌が集まったものを「腸内フローラ」と呼び、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分類できます。これら腸内フローラのバランスが私たちの健康に影響を与えているのです。

日和見菌は、特に影響を与える最近ではありませんが、腸内で大きな役割を占めている菌に味方をするという性質を持っています。なので、健康に重大な影響を及ぼす腸内環境を悪化させる犯人である悪玉菌を増やしてしまうと、健康に苦を与える勢力が腸内で大きくなってしまうのです。


悪玉菌とは、大腸菌やブドウ球菌などです。それらが腸内に入ってきた食物などを腐敗させたり、発がん物質や毒素を作り出すのです。

毒素が増えると解毒機能を受け持つ肝臓がきちんと機能しなくなり、血液に毒素が混ざります。その血液が全身を循環し、ついには癌や動脈硬化など生活習慣病を引き起こしてしまうとされています。

腸内に善玉菌を増やして体調を整える

cheese!

悪玉菌は、タンパク質や脂肪を多く含む食品を好み、分解して悪臭のある有害物質を作り出します。これが便秘や下痢、動脈硬化や高血圧などの原因となり、体調悪化をもたらすのです。

簡単にいえば、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことで腸内環境は改善されます。善玉菌とは、乳酸菌やビフィズス菌のこと。これらは、消化や吸収を助けたり、免疫力を高めるなど健康によい様々な働きをするのです。


善玉菌は、ヨーグルトや納豆、チーズなどの発酵食品に多く含まれています。これらを食べれば簡単に摂取できますが、長時間は腸に留まることができず、そのまま排出されてしまうことが多いのです。


そこで、酢タマネギの出番です。タマネギには、ビフィズス菌や乳酸菌の餌となるフラクトオリゴ糖(オリゴ糖の一種)が多く含まれています。この糖を養分として善玉菌が増え、腸内を整えるのです。また、酢には唾液や胃液の分泌を促し、消化をよくする作用もあります。


さらに、この善玉菌の餌となるのが食物繊維。食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、水に溶ける水溶性食物繊維のほうが善玉菌の栄養源になりやすいです。水溶性食物繊維は、リンゴやアボカド、ゴボウ、納豆、キノコ類に含まれています。


一方、オリゴ糖は、善玉菌の一種であるビフィズス菌の栄養となり活躍します。オリゴ糖はバナナやキャベツ、ジャガイモなどに豊富です。

発酵食品と酢タマネギを上手に組み合わせれば、善玉菌を効率よく増殖でき腸内環境が整うのです。