Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

これからが旬。肌のシワやたるみが気になる人はブロッコリーを食べよう

ブロッコリー

タンパク質とブロッコリーのビタミンで身体を内部から保湿

年齢とともに気になり始めるシワやたるみは肌の乾燥が原因です。特に冬は空気が乾燥し、エアコンの使用によってさらに肌が乾燥し易くなる季節。

毎日の保湿と食事によるケアが大切になります。

偏った食事を続けると、代謝が悪化し、肌表面を守る皮脂の分泌が減って感想を招きます。さらに、身体に溜まった老廃物を体外に出そうとするため肌荒れを引き起こします。

コーヒーや紅茶、チョコレートなどに含まれるカフェインには血管を収縮させたり、身体を冷やす働きがあるため代謝が悪くなり、肌の乾燥につながります。

それを防ぐために、皮膚の潤いを保つビタミンA、皮膚や血管を強くし肌に針を持たせるビタミンC、血行をよくするビタミンE、そして肌の材料となるタンパク質をバランスを良く摂ることが大切です。

疲労回復、口内炎にもブロッコリーが効く

ブロッコリーには、抗酸化作用の高いβ-カロテン、ビタミンCが多く、カルシウム、鉄分、葉酸も豊富。

ビタミンB群の一種の葉酸は、緑黄色野菜やレバーに多く含まれ、ビタミンB12とともに赤血球を作り、タンパク質の合成や細胞増殖に関与します。葉酸が欠乏すると悪性貧血や口内炎の原因になってしまいます。

胎児の清浄な発育に不可欠なため、妊産婦にももオススメ。

また、ビタミンB1はニンニクなどの硫化アリルと摂ると吸収力が高まります。糖質の代謝を促進し、糖化を抑制でき、疲労回復にも効果的になります。

葉の部分だけを塩茹で、茎の部分は薄く皮を剥き、生か少し炒めるのがコツ

ブロッコリーの栄養がたくさん含まれる部分は茎。特に、茎には脂溶性のビタミン、水溶性のビタミン両方が含まれています。

葉の部分にはほうれん草など他の葉野菜と同じくシュウ酸が多く含まれているので塩ゆでをしてシュウ酸を抜くのがマスト。シュウ酸を摂り過ぎると身体の中で結石が溜まる原因にもなりますからね。

しかし、茎の部分はせっかく豊富に含まれている水溶性ビタミンが塩茹でしてしまうと流出してしまうので、ブロッコリーは子房に分けて葉の部分だけを塩茹でした方がいいですね。

食べにくいんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、薄く皮を剥いたら生でも十分食べられます。大根や白菜の浅漬けを漬けるようにブロッコリーの茎の漬物も美味しいです。

さらに欲張りに脂溶性のビタミンの吸収率を上げるために、茎は生ならドレッシングやマヨネーズと一緒に食べた方が吸収率が良くなります。ノンオイルだと油にビタミンが溶けないので身体を通るだけで流れてしまいます。

生から炒め物に使うと水溶性・脂溶性のビタミンの両方を効率よく摂ることができます。

ブロッコリーと一緒に食べたい組み合わせ

牛赤身 適量の赤身肉で貧血も予防

ミネラル豊富なたんぱく質がコラーゲン生成の材料になり相乗効果の高い組み合わせです。脂肪の少ないモモ、ヒレなどの赤身の多い部分を選んでほしい。

鶏ササミ 低脂肪・高タンパクでダイエットの強い味方

鶏ササミは低脂肪、高タンパクで身が柔らかいのが特徴。ブロッコリーと良質なタンパク質は相性が本当に良いのです。

海苔 海の野菜とも呼ばれる美肌食品

ブロッコリーと同じくβ-カロテンやビタミンCが豊富に摂れる。ブロッコリーと同じ調理法で良いので、少量の油でブロッコリーを炒めて仕上げに海苔をパラパラ振りかけるだけで、ブロッコリーに旨味成分を足すことができる。

卵、ハリのある肌を作るアミノ酸のバランスが理想的

卵はタンパク質、ビタミン、ミネラルがバランスよく含み「完全栄養食品」と呼ばれているそうですね。他の栄養素に比べて見落とりしてしまう栄養素がなんとビタミンCと食物繊維。ブロッコリーと卵を合わせてこそ、本当の完全食品なのかもしれませんね。

さぁ、この記事に近日中に卵と赤身、海苔を使ったレシピをアップします。

いいことずくめのブロッコリー―解毒、若返り、ダイエットにいい! (角川SSCムック 毎日が発見ブックス)

いいことずくめのブロッコリー―解毒、若返り、ダイエットにいい! (角川SSCムック 毎日が発見ブックス)