Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

【レシピ】スキレットでカリッとトロッとアボカドスパム丼


朝から丼モノ。いや、アボカドとスパムならありや。

昨日の夜は仕事で疲れてて、湯がいて冷やしただけの冷やしうどんをパッと食って、寝てしまいました。

ほんで泥のように寝てて、起きたら朝か昼かよく分からん時間帯でした。

コーヒーをとりあえず飲んでたら、めちゃくちゃ腹が減ってることに気がついて。

朝から丼が食べたい、でも胃に重い?もう昼だし?って葛藤してて、冷蔵庫を開けたらスパムとアボカドが、そして冷たいご飯。

見つけた瞬間、スパム丼作ろうってなりました。(スパムとアボカドなら大丈夫。朝からでも抵抗ない、ハワイなら普通。)

どうせなら、スキレットでお焦げつけたろうってなりました。

スキレットでスパムアボカド丼

材料(スキレット直径16cm2つ分)

ご飯 1合分
卵 2個
スパム 1/2缶
アボカド 1個
◎醤油 大さじ2
◎砂糖 大さじ2
◎みりん 大さじ1
◎生姜チューブ 1cm
マヨネーズ 適量
味付け海苔 適量

作り方

1.食材を食べやすいサイズに切る

今回使った食材はスパムとアボカドです。食べやすいように、拍子木切りで準備しました。

※アボカドの簡単な皮の剥き方は次の記事に書きました。
blog.kitchen-labo-bar.com

2.スパムを炒める


スキレットを熱して、中火でスパムを炒めます。スパムは油脂が多いから、油は特にひかなくても良かったです。

表面がカリカリになるまで炒めました。この段階でつまみ食いが捗りますね。カリカリになったら一度火からあげました。

3.ソース作り

醤油、砂糖、みりん、生姜をを小皿に入れて混ぜます。

混ぜたらスキレットに投入して、みりんのアルコールが飛ぶまで弱火にかけます。ソースはこれで完成です。

4.ご飯をスキレットに盛って生卵を落とす


スキレットにオリーブオイルを薄くひいて、ご飯を薄くひきます。お焦げあっても美味しいですからね。

そして、中央を少し凹ませて卵を入れるためにポケットを用意します。そこに生卵を1つ落としてやります。

5.ご飯の上にスパムとアボカドを載せる

黄身が潰れないようにスパムとアボカドを載せます。少し多めの分量になりましたね。

6.アルミホイルで蓋をして蒸し焼きにする

載せきったら蓋の代わりにアルミホイルでスキレットを包んで、卵の白身が硬くなるまで蒸し焼きにします。ご飯は多少お焦げが付いてもオーケーなので、火は中火にかけて2〜3分です。

ええ感じなSunny side upの目玉焼きができましたねぇ!

7.トッピング

蒸し焼きが終わったら、味付け。

3で作ったソースを回しかけ、マヨネーズを格子状にかけていきます。そして、最後に味付け海苔をまぶして終わりです。


黄身が潰れてしまうから、もちろん混ぜなくていいです。これも基本的には、丼モノなので、味付けが不均一なほうが絶対に美味しいです。

塩味はタレやスパム、海苔に十分にあるので出す必要はありませんね。

緩急のある食感でザクザクっとスプーンで豪快に

食欲がそそられる見た目になりましたね!見た目通り、スプーンでザクザクって豪快に口に運ぶのが美味いやつです。

スプーンの上に、カリカリになったスパムと、柔らかいアボカド、全てを受け入れてくれるご飯を載せてください。口の中で色んな味わいがあって、くせになりますよ。

スパムの尖った塩味がアボカドとご飯で吸収されてね、アボカドの溶けるような柔らかさの中でスパムがカリッとしてて、両極端でまたそれがいいですね。口の中でタレとマヨネーズも混ぜる感じ笑

海苔の磯の香りもアボカドの香りと相性も良いです。

柔らかい米から行ったら、スキレットの底でカリカリになった、お焦げをどうぞ。醤油と生姜の効いたタレがええ感じ。

最後はとろ〜りとした黄身をスパム、アボカド、海苔を絡ませて一気にばぐつく。

朝から幸せな食卓でございました。

アボカド人気専門店のアボカドスーパーレシピ100 (タツミムック)

アボカド人気専門店のアボカドスーパーレシピ100 (タツミムック)