Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

【レシピ】和風ガーリックシュリンプ!アボカドとエビの山葵醤油マヨ!

和風ガーリックシュリンプ、アボカドと海老の山葵醤油マヨ

海老とアボカド、山葵醤油マヨは絶対に旨い

今日はブラックタイガーの冷凍がスーパーで安売りがありました!!ブラックタイガーと言っても、海老を買うときは安売りのときにしかダメですからね。

そんな貴重な海老。こんな海老を中心に何を作ろうか考えてスーパーをぶらぶら。自分の好きな料理はエビマヨとガーリックシュリンプ。ただ迷いましたねぇ。。。

買い足さなきゃならない山葵を手に取って、山葵と醤油マヨに胡椒をかけて和風ガーリックシュリンプのアイデアを思い付きました。みんな大好き海老マヨとガーリックシュリンプを足しても山葵の風味を足して、爽やかな感じにまとまるかなと思って。

海老とアボカドを山葵醤油マヨで和えたガーリックシュリンプ

材料

海老(ブラックタイガー)・・・8尾
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・1/4個
ニンニク・・・・・・・・・・・1片
アボカド・・・・・・・・・・・2個
(海老の下ごしらえ)
塩・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
醤油・・・・・・・・・・・・・大さじ1
片栗粉・・・・・・・・・・・・適量
(山葵マヨソース)
マヨネーズ・・・・・・・・・・大さじ2
山葵・・・・・・・・・・・・・小さじ2
醤油・・・・・・・・・・・・・小さじ1
胡椒・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
油・・・・・・・・・・・・・・大さじ2

作り方

1.材料を切る


玉ねぎとニンニクを粗みじんにする。玉ねぎのシャキシャキ感を残すためにも、玉ねぎの粗みじんは5mm角程度の大きめにしています。(これを準備するのは目が痛いですね。)

アボカドはダイスカットにします。小さくしたり、薄くしたりすると、濃厚な果肉の味わいが半減しちゃいますからね。

※アボカドの綺麗な切り方はこの記事で
blog.kitchen-labo-bar.com

2.海老の下ごしらえ

海老は冷凍されたブラックタイガーです。小エビとしている大きさよりは大きいものを使いました。ハワイ風のガーリックシュリンプの大きさですかね。写真は6個ですが、アボカドとの量合わせで後で2匹追加しました。





海老を解凍した後、殻を取ってジップロックに入れて、酒、塩、醤油を入れます。下ごしらえ用の調味料を加えると、ジップロックを封をした後、調味料が均等に混ざるようにジップロックをシェイクします。


調味料のシェイクが終わった後、さらに片栗粉を入れて、さっきと同じようにジップロックをシェイク。海老の表面が片栗粉で覆われたら海老の下ごしらえは完成ですね。

4.山葵マヨソースを作る

マヨネーズ、山葵、醤油、胡椒の山葵マヨソースの調味料を混ぜます。

5.材料を炒める


フライパンに油をひいて玉ねぎとニンニクを炒めます。炒め油に玉ねぎとニンニクの香りが移るまで炒めます。



玉ねぎとニンニクがパラパラとなったら、片栗粉をまぶした海老をフライパンに投入します。海老の片面に焦げ目がつく程度までしっかり炒めます。

海老の片面に焦げ目が付いたら、海老をひっくり返して炒めます。このとき、片栗粉で海老の表面にニンニクや玉ねぎがくっついてくれたOKですね。

海老の裏面が焦げなくても火が通ったら、アボカドを投入します。肉よりも火の通りが早いのでさっと炒めます。

6.山葵マヨソースを投入する


アボカドを投入したら山葵マヨソースを投入します。食材とソースを和えながら炒めて、アボカドに焼き目が少しついてきたら完成です。お皿に盛り付けてください。

ぷりぷりな海老と滑らかなマヨとアボカドの食感の山葵の爽やかな香り。

ビールに合う!絶対ビールと相性が良いですよね。

海老とぷりぷりな食感にアボカドの濃厚な果肉。海老とアボカドをつなぐ山葵マヨソース。滑らかなマヨの中で存在感のあるシャキシャキの玉ねぎ。ニンニクの香ばしさと山葵の爽やかな香りの競演。辛口のビールが進みますね。レモンがあったらレモンもかけたいかな?

築地の王様 冷凍 アボカド ハーフカット 1kg パック 業務用でお得なアボカドハーフカット

築地の王様 冷凍 アボカド ハーフカット 1kg パック 業務用でお得なアボカドハーフカット