Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

【レシピ】ごはんですよ!で月見とろろそばをパスタに。山葵のピリ辛が新しい長芋の和風パスタ〜山葵と海苔風味〜


※ソース焼きそばとちゃうで、海苔パスタやで。

月見とろろ蕎麦をパスタに

“ごはんですよ!”万能過ぎて、ハマってしまっています。“ごはんですよ!”はもう米に使うためだけのもやないですね。

今日も“ごはんですよ!”を使ったパスタを紹介します。海苔と、山葵と、長芋を使いました。イメージは月見とろろそばをパスタに変えるイメージです。

長芋の和風パスタ〜山葵と海苔風味〜

材料(2人分)

乾パスタ・・・・・・160g
長芋・・・・・・・・10cm
卵・・・・・・・・・2個
ネギ・・・・・・・・適量
オリーブオイル・・・大さじ1(炒め用)
ごはんですよ!山葵ソース
ごはんですよ!・・・大さじ3
オリーブオイル・・・大さじ2
山葵・・・・・・・・5cm程度
麺つゆ・・・・・・・大さじ1

作り方

1.長芋を切る

とろろそばをパスタにというコンセプトに基づいて、具材は敢えて長芋のみにしました。摩り下ろすことも考えたんですけど・・・オリーブオイルととろろいもを組み合わせる勇気がなく、海苔のソースもきっとドロっとする食感になることから、ここは、シャキシャキ感ともちっと感が残るように、敢えて太めの短冊切りしました。

2.長芋を炒める

切った長芋をオリーブオイルで炒めます。パスタの要素も加えたいんので。パスタには、やっぱりオリーブオイルですよね。

表面がこんがりキツネ色になるまで、炒めました。

3.ごはんですよ!山葵ソースを作る

さて、ここでこの月見とろろパスタの肝になるところ。ごはんですよ!、オリーブオイル、麺つゆ、山葵の順に混ぜていきます。一応ベースになるのは、オリーブオイル。パスタに和えながら混ぜても、分離してしまうので、ここでしっかり混ぜて、オリーブオイルに海苔や山葵が分散させます。

4.パスタを茹でる

ここで、パスタを茹でます。茹で方は、袋に表記されている早茹で2分。

5.パスタと具材をごはんですよ!山葵ソースと絡める


パスタを茹でたら、フライパンに入れて、長芋とパスタをごはんですよ!山葵ソースと、おたま2杯分のパスタの茹で汁に絡めます。

ごはんですよ!山葵ソースのオリーブオイルとパスタの茹で汁をさっと乳化させて完成です。

薬味にネギとゴマ、そして月見を載せる

パスタとソースが絡んだら、お皿に盛り付け。薬味にゴマとネギを載せます。

あとはコンセプト通り、月見とろろ蕎麦風パスタということで、黄身を上に載せます。見た目は立派なソース焼きそばですね。

とりあえず完成です。

ちょいピリ辛でもあっさりの山葵海苔パスタで新しいんじゃない?

見た目はソース焼きそばですが、全然塩辛くなくて、中身は麺つゆの鰹出汁の効いた海苔の味ですね。和風のあっさり系ですね。とろろそば に近いかっていうと、麺つゆと山葵、海苔の組み合わせはざるそば風ですね。

ちょっとだけ山葵がピリっとするのが新しいのではないでしょうか?山葵の風味がするパスタなんて出会ったことないですよ。

ちょっとぐらい山葵多く入れても、問題なしです。卵の黄身でまろやかになるし、何はともあれ、ごはんですよ!とも相性いいです。もっと冒険して、山葵の量を増やせば良かったと後悔するレベル。

長芋は安定の旨さ。外はカリッとしてて、シャキシャキ感は食感に飽きをこさせない工夫になってますね。あと山葵と合わせる具材としても長芋は優秀でした。次はとろろにする?いやまだ勇気が出ないよねw


生わさび小3本セット(合計約110g)

生わさび小3本セット(合計約110g)