Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

イギリス人はミルクティーにうるさい

f:id:t-dicek:20171129004307j:plain

イギリスでは‟ロイヤルミルクティー”は通用しない

紅茶の本場と言えば、イギリス。イギリスのカフェに行ったとき、メニューにミルクティーはあってもロイヤルミルクティーはありません。

ロイヤル=Royalは、イギリス王室の意味ですが、ロイヤルミルクティーは、ヘンリー王子には通じないのです。

ロイヤルミルクティー、実は京都生まれ。1930年に福永兵蔵さという方が創業した三条通りにあるリプトンティーハウスで、紅茶に合うデザートシリーズのロイヤルプリン、ロイヤルエクレアなど、ロイヤルを付けたネーミングを付けるメニューをたくさん考案していた中のロイヤルシリーズの一つでした。

ロイヤルミルクティーは、1965年に発売され、その後、和製英語として日本中に広がったそうです。

元祖ロイヤルミルクティーは、アッサム茶葉をお湯で少々ふやかしてから、牛乳を注いで煮出す、いわば濃い牛乳風味の強いミルクティーです。

牛乳に茶葉を入れて煮出す紅茶は、インドではチャイ、イギリスではシチュードティー‟Stewed tea”と 呼ばれています。シチューとは煮込み料理にあるように、煮込む紅茶という意味です。

イギリスのミルクティー論争

イギリスのミルクティーは、ロイヤルミルクティーのようには煮出さず、ストレートティーにミルクを加える、いわばtea with milkが一般的です。

イギリスの水は硬水なので、紅茶を入れると水色が黒くなり、味も鈍くなってしまいます。そこで、ミルクを加えることで改善することが元々の狙いでした。

ただし、紅茶にミルクをどうやって入れるかについて、英国王立化学協会では130年以上も論争になっていました。ミルクを先に入れるMIF(Milk in First)、ミルクを後から入れるMIA(Milk in After)どちらかが美味しいのか。この論争について、英国王立化学協会が答えを出したのが、2003年。

2003年、英国王立化学協会は、MIFを推奨しました。その理由は、ミルクに紅茶を加える方が、ミルクの温度が急上昇しないため、ミルクに含まれているタンパク質の熱変性が抑えられ、紅茶が美味しく飲めるという理屈でした。ただし、この論争も未だに、検証方法を巡って、異議を唱える学者もいるそうです。まだまだ、美味しいミルクティーの飲み方についてはベストの解は出ていない、と言うことですね。

ミルクティーに向いている紅茶の茶葉は、水色が濃く、味わいもしっかりしたものが向いていると言われています。アッサムやケニアのCTC製法茶や、ディンブラやキャンディのBOP茶など、特別ミルクティーに適した茶葉も栽培されています。

インド紅茶:2013年ASSAM CTC「アッサムCTC」(100g)煮出し向き紅茶

インド紅茶:2013年ASSAM CTC「アッサムCTC」(100g)煮出し向き紅茶

牛乳は、ノンホモジナイズドの低温殺菌牛乳を使うと、高温によるタンパク質の変性による劣化の影響を受けにくく、風味が良くなるそうですよ。

自分好みのミルクティーを求めて、茶葉と牛乳の組み合わせを探すのも奥が深そうですね。