Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

最近の晩酌は意識的に昆布とアーモンドフィッシュに。

スポンサーリンク

f:id:t-dicek:20180113223609j:plainf:id:t-dicek:20180113223609j

見落としがちなミネラルの上手な取り入れ方

ミネラルは、昔ながらの日本食材に多く含まれています。世界の食文化は素晴らしいもので、その土地の風土が食材に反映されていて、それを食べていれば、きちんと栄養バランスがとれるようになっている、方です。ですから、ヨーロッパならば、牛乳やチーズにミネラルが多く含まれています。

現代の日本は食に対する意識が高くなってきて、世界各国からあらゆる食材を取り寄せて様々な料理を作ることができますが、やはり、一番いいのは本来あるべき姿の日本の食材を積極的に活用することだと思っています。

成長期の子供や若い人たちであれば、牛乳からカルシウムやミネラルをとったほうが吸収率が良いのですが、30代になったので、牛乳から小魚の割合を増やしていこうかな、と思いますね。牛乳には、タンパク質や脂肪もついてくるからです。30代になったから身体に良い物を選んで食べたいですからね。

ひじき、ごま、じゃこ、納豆、豆類、菜っ葉には、ビタミンだけでなく、カルシウム、鉄分、マグネシウム、食物繊維が含まれています。後は、ナッツ類。木の実を食べるのも忘れないでいたいですね。私たち人間は、原始の頃から木の実を食べて生き延びてきたんですからね。おやつに甘いものを食べる代わりにアーモンドなどにチェンジしています。

きざみ昆布を常備してパスタらかおやつ、晩酌まで

日本の昔ながら食材を活用する習慣がない人は、なかなか毎日の食生活に取り入れにくいかもしれませんね。おすすめしたいのが、きざみ昆布です。僕は大量にきざみ昆布をストックしています。

煮物に入れたり、パスタに入れて和えたり、塩うどんに入れたり、サラダやご飯に入れたり、何にでも活用できますからね。

出汁にとる昆布をそのまんましゃぶっていても味が出てきて、美味しいんですよね。後は煮干し。旨味成分であるグルタミン酸やイノシン酸を多く含まれていますからね。自然の味わいが、やはり良いですよね。

最近は、晩酌のおつまみを柿ピーからアーモンドフィッシュに変えました。シンプルですけど意外に美味しくハマっていますね。

築地の王様 アーモンドフィッシュ 320g チャック付き袋 アーモンド小魚 【 国産 小魚 アメリカ産 アーモンド 】

築地の王様 アーモンドフィッシュ 320g チャック付き袋 アーモンド小魚 【 国産 小魚 アメリカ産 アーモンド 】