Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

テーマ×食で細分化て増え続けるグルメマンガ。個人的に好きな9作品。

スポンサーリンク

食戟のソーマ 弐ノ皿 DVD-BOX <初回仕様版>

グルメマンガが熱い、追いつけていない

グルメマンガが好きです。きっかけは「美味しんぼ」。グルメマンガというものは、昔から自分みたいなマンガ読み&食いしん坊に愛され続けてきたと思うのです。

このブログでも、『食戟のソーマ』は、キャッチーなレシピが出てくるのでよく再現をしていますが、ここんとこのグルメマンガはその作品数が増えて、テーマの細分化が凄まじいとものがありますね。

マンガで再確認した庶民派グルメのすばらしさ

あれ、ひょっとしてグルメマンガに新しい風がきてる?と感じたのは『花のズボラ飯』に出会ったわけです。夫が単身赴任していることをいいことに、超マイペースにだらしない生活を送る主人公・花の楽しみは、適当な食材で美味しいご飯を作ること。

鮭フレークとマヨネーズを混ぜたものをパンに塗って焼くだけとか、どんぶりに盛った白飯の上に崩した豆腐、明太子、バター白ネギをのせ、電子レンジで軽く温めた後、醤油を垂らして完成だとか。らk珍で美味しいものを心ゆくまで楽しむ花は、庶民派グルメの素晴らしさを再確認させてくれました。

そもそも、同作の原作者は、『孤独のグルメ』も手掛ける久住昌之。外回りの多い雑貨入商・五郎が立ち寄った街の、なんてことない店の中から「これぞ!」と思う一軒を引き当てる様子を見ていると、庶民的な旨いものに対するイメージを引き上げたのは、間違いなく久住さんなんだなぁ、と思う。

花のズボラ飯 コミック 1-3巻セット (書籍扱いコミックス)

花のズボラ飯 コミック 1-3巻セット (書籍扱いコミックス)

孤独のグルメ【新装版】 (SPA!コミックス)

孤独のグルメ【新装版】 (SPA!コミックス)

こうしたグルメマンガが教えてくれるのは、普通であることの素晴らしなのかもしれない。手の届かない高級品ではなく、身近かつ安上がりなメニューで幸せになれる。そんな読者の願いを叶える作品がヒット作となっているのは間違いありません。酒好きのOLが酒場でぷはーと息を吐く『ワカコ酒』も、手の届く範囲の幸せを感じてるところがポイント。『おとりよせ王子 飯田好実』もちょっと特別感はあるけれど、やっぱりお取り寄せが可処分所得内で手に入られる幸福だから共感を呼んでいるはず。


ワカコ酒 1巻

ワカコ酒 1巻

おとりよせ王子 飯田好実 1巻

おとりよせ王子 飯田好実 1巻

アウトドア系グルメは野外の雰囲気もごちそう

普通もいいが、人と違った食体験もしてみたい、という読者にはアウトドア系グルメマンガがよい受け皿となってくれるでしょう。

『いぶし暮らし』は、燻製をテーマにした作品。同棲中のカップルが唯一ゆっくり過ごせる休日に仲良く燻製を作っています。最初は台所に小規模にやっていましたが、ベランダに出て、家の外に出て・・・と、徐々に活動の範囲を広げていくのが面白い。美味しいものと、ゆったりとした野外の雰囲気。その両方がごちそうとして読者に届けられるというわけです。

いぶり暮らし 1 (ゼノンコミックス)

いぶり暮らし 1 (ゼノンコミックス)


そして、『山と食欲と私』ではOLが登山をしたり温泉に入ったりしつつ、アウトドアならではの料理に舌鼓を打っていいる。キャンプ用の小さな鍋でラーメンとウィンナーを一緒に茹でる❝欲張りウィンナー麺❞はぜひ試したい。。。sぺしゃるご飯は、シチュエーション次第であることこれらの作品は物語っていますよね。

山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS)

山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS)

今、オススメのグルメマンガ

今、個人的に一推しなマンガは、『紺田照の合法レシピ』。最高にばかばかしい極道グルメマンガ。主人公の照は、指定暴力団「霜降肉組」の新人組員。先輩から一目置かれる強面の彼ですが、頭の中はレシピのことでいっぱい。「レンコンは、野菜のリボルバー」と叫び、「さてカチコミだ・・・」と言いながら料理を開始する照ですが、物言いが物騒なだけに作る食べ物の絵がやたらと繊細で美味しそうなものに仕上がる。極道感はみじんもない。

やくざ者のグルメマンガには、名作『極道めし』がありますが、これは囚人のトークスキルと想像力が見ものであり、『紺だ照の合法レシピ』は、照による料理が見もの。荒れくれ者が料理するギャップが面白いところ。グルメマンガの申請と呼ぶべき、今一番面白いマンガですね。

極道めし : 1 (アクションコミックス)

極道めし : 1 (アクションコミックス)

紺田照の合法レシピ(1) (月刊少年マガジンコミックス)

紺田照の合法レシピ(1) (月刊少年マガジンコミックス)

既存ジャンルとの掛け算で細分化されるグルメマンガ。

そしてもう一つ紹介したいのが、『ダンジョン飯』。いわゆるRPGに出てくるダンジョンの中で、勇者たちがご飯を食べる話です。同作の特徴は、何といっても実在する食材がほとんど出てこないこと。「人喰い植物のタルト」とか「大サソリと歩き茸の水炊き」とか、実際に食べることのできないものばかり。

しかし、読んでいると、なぜだか腹は減る。めちゃ旨そうに描かれている。

既にお気づきの方もいると思いM須賀、これらのグルメマンガは、既存のマンガジャンルと食を掛け合わせることで細分化を図っているわけですね。恋愛もの、お仕事系、アウトドア、お色気、アウトドア、RPG。グルメマンガの懐の深さ、底なしですね。全てを追い切れるものでもないですね。素直に降参するしかない笑

ダンジョン飯 1巻 (HARTA COMIX)

ダンジョン飯 1巻 (HARTA COMIX)