Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

手軽に作れるラムパンチ。1か月後の楽しみマンダリンオレンジ・ラムパンチ!

スポンサーリンク


手軽で多様性が広がるラムパンチの魅力

”ラムパンチ”とは、ラム酒にハーブやスパイス、フルーツを漬け込む自家製ラムリキュール。その発祥は、ラム酒が粗悪だった頃、労働者の気つけ酒や薬代わりに香草などを漬け込んだもので、簡単にできることから家庭に広がり製品化されました。

キューバではラムパンチの屋台があったり、モヒートよりも親しまれています。分かりやすくいうと日本で言う梅酒ですね。家庭それぞれでレシピがありますね。大きく分けて、ハーブやスパイスを単体で漬け込み、カクテルでベースで楽しむ『ボタニカルパンチ』と、フルーツやハーブなどを複数漬け込んだ『ラムパンチ』の2つのカテゴリーで造られています。

その魅力は手軽さと他にはない柔軟性ですね。ただラム酒ならアレンジを加えるのに技術と時間が必要ですが、パンチが1時間あるだけで、ストレート、ソーダ割り、ミルク割りなど飲み方の可能性が一気に広がり、アレンジも簡単。安価なラム酒でも美味しくできるのでお試しください。

ラムパンチの作り方/マンダリンオレンジ・ラムパンチ

とりあえず誰でも美味しく楽しめるラムパンチの作り方を紹介します。ハーブ、スパイス、フルーツのラムパンチを紹介します。

材料

オレンジ・・・2個
ハチミツ・・・大さじ2
氷砂糖・・・・40g
シナモン・・・1本
ローリエ・・・2枚
ラム酒・・・・・750 ml(バカルディ スペリオール)




準備した材料を元々のラム酒のボトルに入れると、溢れるので一杯ロックで飲みながら作ります。

お酒のボトルに剥いたオレンジの実を取り出して、ラム酒のボトルに入れます。あとは甘さを加えるための蜂蜜と氷砂糖をボトルに入れます。

そして、香りづけのため、シナモン、ローリエを軽く水洗いをして、キッチンペーパーでふいてこれもボトルに投入します。

あとはシェイクしてしっかり混ぜるだけ。シナモンとローリエは苦味が出てくるので、1週間。後は、オレンジは味をみながら、1ヶ月ぐらい漬け込んでいると、オレンジの香りがたってきたら完成ですね。