Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

餃子inオニオンスープグラタン。餃子をフレンチっぽくアレンジ

スポンサーリンク

余った餃子をオニオンスープに入れてフレンチっぽく

こんにちは。
休みの間、友達と餃子パーティを楽しんだんですけど、餃子パーティーをやるとどうしても餃子を余らせてしまうんですよね。生餃子なのに、調子に乗って買いすぎてしまうわけです。


焼きにはもう飽きたので、他の餃子の食べ方はないかと考えていたところ、フレンチと餃子のコラポを思いつきました。

その名も餃子inオニオンスープグラタン。餃子といえば、焼き餃子が主流の日本において、メニュー名だけ聞いても、いまいち味も見た目も想像つかない人が多いかもしれません。

カリッと焼き上げれば、アツアツのチーズの下、濃厚なスープに潜む餃子は、フレンチとのハイブリッドだいぶ斜め上な餃子だからこそ多くのファンから支持されています。


一言で言えば、オニオングラタンスープに入れられているパンの代わりに餃子を忍ばせています。チーズオニオンスープと相性は良くて、ワインとのマリアージュを楽しめます。

チーズオニオンスープグラタン餃子

材料

王将の餃子(生)・・・・一人前(6ケ)
コンソメスープ・・・・250cc
玉ねぎ・・・・・・・・1.5個
白ワイン・・・・・・・大さじ2
ごま油・・・・・・・・小さじ2
チーズ・・・・・・・・お好みの量
パセリ・・・・・・・・お好みの量

作り方

1.餃子にお湯をかけて熱を加える

生餃子に熱湯をかけて温めます。鍋はコンソメスープを作るのに使うので、時短と皮の表面の粉がオニオンスープと混ざらないためです。

2.玉ねぎを切る

この料理には餃子、チーズ、玉ねぎの3つの主役で構成されています。

玉ねぎは1.5個ふんだんに使います。(火が通りやすいように、なる細がええんでしょうけど、だんだん雑になります。)

3.玉ねぎを炒める

切った玉ねぎは飴色になるまで弱火で炒めます。焦げないようにゆっくりと炒めるわけですが、なかなかめんどうな作業ですよね。


玉ねぎを飴色に炒めるのに疲れたので、別の甘味を足して強調させることに。今日使ったのは、甘めの白ワイン。

最近、美味しくてコスパがいいと思ってるのはサントリーのペットボトルに入ってる白ワイン。

そしてコクを足すためのごま油を加えます。

4.コンソメスープを作る

コンソメスープを250ccを作ります。コンソメスープの素に書いてある割合で溶かしています。

玉ねぎからも甘味が出るので、ブイヨンスープでも良かったですね。

5.耐熱皿に餃子と炒めた玉ねぎを敷き詰める

熱した餃子と、炒めた玉ねぎを耐熱皿に敷き詰めました。お湯につけ過ぎたのか、残念ながら皮が剥がれてるのもありますね。。。

6.耐熱皿にコンソメスープを入れる

餃子と玉ねぎを敷き詰めた上からコンソメスープを注ぎます。(なみなみに入れてしまうと、あとでオーブンから取り出すときに苦労するので注意してください。)

7.チーズを載せる

コンソメスープにチーズを載せます。チーズの量はお好みですけど、耐熱容器の全面が隠れる程度は入れてみてください。

また、チーズは溶けること前提に、少し中央をこんもりと山型にするのがコツ。

8.魚グリルで焼く

チーズを載せたら、魚グリルに入れて、中火で10分、チーズに焦げ目をつけるためにさらに強火で3分ぐらい焼きます。(オーブンがある人は、190℃で10分ぐらい)

8.パセリをまぶす

焼きあがったらパセリをお好みでまぶす。これで完成。

焦げたチーズの香ばしさと相性の良い餃子はプリッとした食感が◎



表面はカリッとしてるけど、写真を見てわかるように中はトロトロ。

スープに漬け込んだチーズが濃厚な味わい。影を沈められた餃子に絡めながらアツアツな状態で食べてみてください。

コンソメスープと玉ねぎの甘味も良く効いてて、餃子の旨味とよくあいますね。

#餃子部 (エイムック 4111)

#餃子部 (エイムック 4111)

宝永餃子 40個入 (1袋)

宝永餃子 40個入 (1袋)