Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

チョコレ―トon 南国風スパイシーカレー/ちょっとした冒険でチョコレートをカレーに直接振りかけてみた。

スポンサーリンク


オリジナルハイカカオカレーに挑戦

カカオ成分が70%を超えるチョコレートのことをハイカカオチョコレートといいます。ロシアW杯でも活躍したサッカー日本代表の長友選手が、年齢を重ねてきて、このハイカカオチョコレートを食事に取り入れ、継続的に摂取することでコンディションの強化に取り組んでいると話題になっていました。

ハイカカオチョコレートには、ポリフェノールが多いことでも知られていますが、不溶性食物繊維を含まれていて、腸の善玉が増え、腸内フローラが改善するという報告があって、長友選手も参考にされている、そうです。長友選手はチョコレートとコンディションの関係を勉強しまくって自分でオリジナルの商品をプロデュースするまでになっていますからね笑

cuore-nagatomo.com


長友選手の専属シェフである加藤超也シェフは、スイーツだけでなく、普段の料理にもハイカカオが摂取できるようなメニューを提案しています。

oishi-kenko.com

確かに、カカオの苦味は、舌に残るので料理にコクを出して、カレーやスープなどの煮込む料理に隠し味としてちょこっと加えるけでグッと深みを与えてくれますよね。

この話を聞いたときに、隠す必要があるのってちょっと思ってしまって。カレーにはいろんな隠し味のパターンがありますよね。コクを出そうと思って、牛乳やインスタントコーヒーを加える人もいるじゃないですか?

このカレーにはハイカカオチョコレートが入っているから、健康に良いんですよってもっとアピールできるカレーがあっても良いと思うわけです。チョコ―トが全面に出てるカレーも悪くないやんって思ってくれたら成功ですね。

ハイカカオチョコレート on the 南国風スパイシーカレー

材料 (5皿分ぐらい)

ハイカカオチョコレート・・・100g
玉ねぎ・・・・・・・・・・・1と1/2個
ニンジン・・・・・・・・・・1本
ジャガイモ・・・・・・・・・4個
ニンニク・・・・・・・・・・1片
豚小間切れ・・・・・・・・・200g
ウスターソース・・・・・・・小さじ1
ケチャップ・・・・・・・・・小さじ1
白ワイン・・・・・・・・・・大さじ1
ローリエ・・・・・・・・・・2枚
ローズマリー・・・・・・・・適量
塩・・・・・・・・・・・・・適量
ヨーグルト・・・・・・・・・75g
ショウガ・・・・・・・・・・チューブ1cmぐらい
カレールー・・・・・・・・・140g
カレー粉・・・・・・・・・・適量
水・・・・・・・・・・・・・750ml

作り方

1.下ごしらえ



まずは玉ねぎ。玉ねぎの1個は粗みじん切り。1/2個はくし切りです。切った後は、耐熱皿に入れて、ふわっとラップをかけて電子レンジで500W1分ぐらい加熱します。




次にニンジン。ニンジンも細かく切りました。ニンジンは固形の青臭さが苦手なんですが、ここまで切ることで火が通りやすくほとんど気にならなくなりますね。

そして、ジャガイモも大きめの串切りにして、ちょっとだけ水にさらします。こうすることで、表面についてるでんぷん質が洗い流され、ホクホクした仕上がりになります。

ニンニクは粗みじん切りします。

豚の小間切れ肉は特に切らず、少しお酒に浸けてました。

2.具材を炒める。


ニンニクとショウガチューブを軽く香りが立つまで炒めます。香りが出てきたら、豚とタマネギを同時に入れてしまいます。


白ワインを咥えて少し蒸し焼きにします。ここま普通のおうちカレーの下準備ですね。

3.具材を煮込む



豚に火が通ったら、鍋に移し入れて、ジャガイモとニンジンと加え、煮込む準備します。


僕のお家カレーで使うルーは、バーモンドカレー甘口とこくまろの辛口を1:1で加えるミックス。いろいろと試したところ、今はこの組み合わせが美味しいと思っています。読者の方のオススメの組み合わせがあればぜひ教えて欲しいです。

カレーにはスパイスをいろんなものを混ぜ合わせた方が美味しくなるので、2種類以上の市販カレールーを混ぜるのは簡単に美味しくする方法としていいですよ。各社のスパイス研究を成果を予算内で詰め込まなきゃいけないのを、贅沢に2つ組み合わせることができますからね。

ハウス こくまろカレー辛口 140g×5個

ハウス こくまろカレー辛口 140g×5個

ハウス プライムバーモントカレー 甘口 109g×2個

ハウス プライムバーモントカレー 甘口 109g×2個


ルーを加えたところで、水とローリエ、ローズマリーを加えて、具材に火が通るまで中火でゆっくりと煮込みます。

ここからはカレールーという下地にいろんなものを試す実験場となるわけですね。完成形をイメージして想像力を働かして隠し味たちを足していきます。


まずはウスターソースとケチャップ。いろんな野菜の旨味成分を加えるためによく使っています。


そして、具材に火が通って、火を消した後にも隠し味を加えます。まず、ヨーグルト。火を消すのは、ヨーグルトに含まれる菌などを分解しないためです。

隠し味にヨーグルトや牛乳を入れる人は多いと思いますが、僕はダノンビオのアロエシリーズを入れています。アロエが健康食材ってこともありますが、アロエの食感がカレーにジューシーさという新しい味を加えてくれるのでオススメです。

次にハイカカオチョコ―レト。カカオの油分に含まれる栄養成分も火を加え過ぎると、分離してしまうことがあるらしく、火を止めたぐらいが入れるちょうどいいタイミングですね。。ここで全部使わずに、盛り付けのために少し残しておきます。

今回使ったチョコレートは、ハワイに旅行に行ったときに買って来たハワイ産オーガニックチョコレート「マリエカイ・チョコレート ダーク」。ワイキキロイヤルハワイアンセンターC館1Fにある高級チョコレートです。カカオ80%以上のかなりビターな味ですが、レーズンや数種類のベリーの風味があって生で食べてても美味しかったチョコレート。

www.maliekai.com

ちょっとBIOを入れて甘く感じたので後は少し辛味の調整にカレー粉を少したしました。

4.盛り付け


味付けが終了したら、器にカレーを盛ります。米は固めに炊き上げました。普段の米はそうでもないんですけど、カレーの場合は固めの米の方がルーとなじんだ時に美味しいと思うんですねよね。

器にカレーを盛ったら、余ったチョコレートをおろし器で擦って、カレーライスにまぶします。米についても不味くならないので気にしないでOKです。

これで完成。

最後にふりかけたチョコレートが味に変化を付けて美味しい

見た目にちょっと新しいカレーになりましたね。味の方はちゃんとスパイスが効いているし、ニンジンやタマネギが溶けて良い野菜の旨味が出ていますね。アロエが入っていることで、ジューシーさがあって南国気分なスパイシーカレーですね。

肝心のハイカカオチョコレートの感想はというと、後から振りかけたチョコレートを避けてルーを食べてみても、確かにコクがありますけど、色んなものを混ぜているせいかチョコレートによるものかとはっきり言えるか自身はありません笑

ただし、振りかけられたチョコレートと混ぜながらカレーを食べると、チョコレートのコクの主張がかなり強い。均等に分散させない方が味を強調する、というのはまさにこれですね。苦味がコクとなって混ぜながら食べることで、いろんなコクを楽しめる面白い味になっています。甘ったるさとか特にないので、米にかかっても全然気になりませんね。

ハイカカオチョコレートを調味料みたいに後から振りかけた方がその貢献度も美味しさも伝わってありですね。健康を思ってのハイカカオチョコレートオンですからですから、隠している場合ではないですよ。

長友佑都の食事革命

長友佑都の食事革命

Hanako特別編集 ハイカカオBOOK

Hanako特別編集 ハイカカオBOOK

明治 チョコレート効果カカオ95%BOX 60g×5個

明治 チョコレート効果カカオ95%BOX 60g×5個