Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

寧楽料理 こくとぅ〜ら、〆のあさりのスープパスタに感服

スポンサーリンク

奈良にも行きつけのお店が増えてきました。

就職して初転勤してからなので、思えば奈良に住み始めて5年を超えました。大坂の天王寺というそれなりの都会で育った僕としては、奈良=田舎で転勤を言われたときは、それなりに抵抗していたものです。しぶしぶ移ったことを覚えています。

でも住めば都というのはよく言うもので、最近では奈良が好きになりましたね。夜はうるさくないし、観光地が近いだけであって街がやっぱりきれい。夜に実家に戻るときは、天王寺付近の臭いがなんとなく気になりますね。

というわけですっかり奈良に馴染んできました。奈良がいいなぁと思う点は、店主のこだわり強い面白いお店がおおいのかなって印象です。後はどこもひっそりとやっていて、大人の隠れ家的な雰囲気を持った自分好みのお店が多いです。

昨日、行ったJR奈良駅前の寧楽料理 こくとぅ〜らというレストランもまた通いたいなぁと思う素敵なお店でした。日本酒が好きだけど、イタリアンが好きなわがままな僕のわがままな好みにピッタリとはまっていました。

寧楽料理 こくとぅ〜らのオーダー

①ペペロンチーノ風枝豆

まず一杯目のビールのアテは枝豆。その名の通り、ペペロンチーノ風に唐辛子とオリーブオイルで炒められたもの。これは仕事帰りのビールに最高です。お箸が止まらない系な味です。

②スモークの盛り合わせ


次に、スモークの盛り合わせのラインナップは、ベビーホタテ、牡蠣、プロシュート、燻製卵。一人燻製卵が2つあるのがうれしいですね。

卵が一人二つあるのがうれしいですね。味がしゅんだ燻製卵で始まって、終わることができる幸せですよ。カキもベビーホタテも味が濃い目でこれも酒が進みますね。

③しめじと海老の和ヒージョ


アヒージョのオリーブオイルの出汁にカツオ出汁かな?が含まれていて、日本人にもより馴染みやすく工夫されたアヒージョ。

④海老とひもとうの天ぷら


隣で食べてた人が美味いと絶賛してたので、思わず注文。

ここから白ワインコーナー笑白ワインと天ぷらの相性もいい感じです。

ひもとうとは唐辛子の一種らしいですね。といっても辛すぎず程よい辛さ。塩の代わりなのかな?これも箸休めに良い感じです。これもビールが進みますね。スペインのバルで食べられているしし唐の素揚げに近いと思います。

そしてこの海老の天ぷらには衣に海老の殻などを乾燥させて粉末させたものが混ぜられていて、エビの風味が強い。まるでカッパえびせんふうの衣。

⑤あさりのワイン蒸し


あさりの酒蒸しを白ワインで蒸した料理。こっちは奈良の日本酒春鹿の冷やに変わりましたけど笑

あさりの身もプリプリなんですけど、この出汁がまた美味。。。あさりの殻にきちんと出汁を乗せて、一個一個大切に食べたい。。。

⑥ あさりのワイン蒸しの〆スープパスタ


さっき頼んだあさりのワイン蒸しの出汁を使ったスープパスタ。恐らく塩ぐらいのシンプルな味付けなんやけど、あさりの旨味が出切ったこのスープにパスタを絡めて食べる!もったいなかったスープも綺麗に食べきれます。



いやぁ、満足な夜でした。初めて行ったにしては、どの料理も気持ちいいくらい当たりましたね。また来たい。

シェフが一人でカウンター10席ぐらい。こんだけ美味いならすぐに常連さんで埋まりそうな感じなので、次来るときは18時ぐらいの早めにした方がいいかも。注意しないと。

シェフの方も感じの良さそうな方で話しかけやすかったです、もともとコース料理しか出していなかったお店をやってられたそうなので、一品ずつ手が込んでて厨房での動きも機敏でカッコよかった。