Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

喉に優しい舞茸と生姜のリゾット

スポンサーリンク

生姜粥の代わりに生姜でチーズリゾット

こんにちは。休みの日の朝ごはん担当です。久しぶりの更新ですね。期末で残業が増えてて、このブログに時間が割けませんでした。


先週の三連休に妻と伊勢・志摩まで食べ歩き旅行に行ってました。帰りが遅くなってしまって、家に帰り着いたタイミングで泥のように寝てました笑

窓も開けっぱなしで、朝方4時くらいに寒気がして起きたわけですが、喉がガラガラ。最悪。。仲良く風邪をひいてしもうたわけです。


喉が痛いから、朝ごはんに生姜粥でも作ろうかと思ったら、旅行の前に冷蔵庫の中身は整理していて、冷やご飯がなし。お粥のためにご飯を炊くのはめんどくさい。

というわけで生姜粥を諦めて、生姜粥っぽいリゾットを作りました。これが割とええ感じに仕上がったので、久しぶりにレシピの投稿です。

舞茸と生姜のリゾット

材料(2人分)

なま米・・・・・・・・・・1合分
舞茸・・・・・・・・・・・30gぐらい
ショウガチューブ・・・・・1.5cm
チーズ・・・・・・・・・・適量
コンソメスープ・・・・・・適量
卵・・・・・・・・・・・・2個
1.温泉卵を作る

電気ケトルでお湯を作って、卵が浸る程度に小鍋に移して、卵を2個投入。まだまだ暑いので、だいたい10分ぐらい浸けておきます。

写真は卵を入れた時に殻が割れてしまい、ちょっとだけ白身が出てしまってますけど、黄身が出てなければ問題なしです。

2.生米を炒める


温泉卵を作っている間に、シャットリゾット作ります。

まず、生米をフライパンに引いて、オリーブオイルをかけます。そして、米が透明になるまで炒めます。

3.舞茸と一緒に炒める

米が炒められてきたら、舞茸を手で割いていれます。朝から包丁など使ってられません笑

4.コンソメ水を入れる


舞茸がしなってきたら、予めコンソメを溶かしていた水200ccを入れていきます。

一度に全部入れるのではなく、米が浸ったぐらいまでにして、蒸発して無くなってきたら足していくのを繰り返します。まぁ、3回で使いきりましたけど。

5.生姜とチーズで味を付け


最後のコンソメ水を入れたら、生姜を入れます。全部に混ぜんと木ベラでぐるっと回します。

混ぜたらチーズをしっかり加えてちょっと混ぜます。チーズからしっかりした塩味が取れるので、塩は加えなくてもオーケーです。

溶けたらお皿に盛って、温泉卵を乗せて完成です。

トロトロ卵と生姜とチーズの組み合わせが好き

白いお皿に盛ったあと、皿にも黒胡椒をまぶすとそれっぽく美味そうに映えますよね。(いつも同じ手口)

喉のために生姜をたっぷり入れたので、生姜が強すぎたかなぁって思ったけど、チーズがまろやかになってて美味しい。トロトロの黄身と絡めて二度美味しい。

フライパンリゾット

フライパンリゾット

おうちリゾット

おうちリゾット