Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

風味抜群、土鍋でキノコとゴボウの鯛炊き込みご飯

炊き込みたいあいつら、土鍋で贅沢な鯛の炊き込みご飯

釣りが趣味の後輩から余った鯛を分けてもらいました。いつもありがとう、ほんまにありがたいです。


せっかくの頂き物の鯛なんで、3枚に下ろした身は2/3を刺身に、残りの1/3は美味しく土鍋で炊き込みご飯にしていただきました。


鯛だけでも十分に美味しいんですけどね、冷蔵庫の中途半端な余り物のキノコやゴボウがあって、ええ出汁を出してくれそうなんで、贅沢にも全部混ぜ込んで炊いてやりました。

キノコとゴボウの鯛炊き込みご飯

材料

鯛・・・・・大きな鯛三枚下ろししたうたの1枚
ごぼう・・・・30gぐらい
えのき・・・・30gぐらい
舞茸・・・・・30gぐらい
エリンギ・・・1本
出汁昆布・・・10g
刻みネギ・・・適量
ごま・・・・・適量
水・・・・・・300ml

作り方

1.出汁を取る

せっかくの鯛なんで、しっかり出汁を取ります。いつも通り基本に忠実に水300mlに対して、昆布10g。水に30分程度漬けておきます。

2.具材の準備




土鍋で炊き込みご飯をするんで、鯛に負けない、かつ、旨味の相乗効果が期待できるキノコ系やゴボウを一緒に炊き込んでやります。

今回準備したキノコは、食感がバラバラな3つ、舞茸、えのき、エリンギです。

ゴボウはさきがけにし、冷凍保存していたものを解凍して使います。

3.鯛を少し焼く



鯛も炊き込む前に焼き目を皮に付けます。焼き目を付けることで、香ばしさをさらにアップさせることができます。

4.水でとった出汁にキノコとゴボウを入れて火を入れる


昆布を水に入れて30分経った後、キノコとゴボウを入れて、火を入れます。キノコからも出汁を取っていきます。こんだけでも十分に旨そうな香りが漂ってきます。

5.米と鯛を入れて強火で炊く



一度煮立ったら、米と鯛を鍋に入れて、鍋に蓋をして、強火で一気に炊いていきます。コンロなんで吹きこぼして汚れるのが嫌ですけど、土鍋で炊き込みご飯をするなら吹きこぼすぐらいの強火でやった方が旨く仕上がるそうですね。

6.薄口醤油、塩で味付け


一回、吹きこぼしかけたら、鍋蓋を取って、薄口醤油を回し入れて、塩をまぶします。ここからさらに+10分ほどさらに火を入れていきます。

7.火を止めて蒸らす


蓋を開けて、米粒が見えてきたら、火を止めます。一回蓋を閉めて、蒸らすこと10分待って、炊き込み完成ですね。

8.ネギとゴマを振って完成

これで炊き上がり。しゃもじで鯛の身をほぐしながら豪快にかき混ぜます。


薬味として、ネギとゴマも贅沢に散りばめて完成です。まぁ、このネギは賞味期限一日過ぎてたものですが笑

味変もいろいろ4度美味しい

シンプルな味付けですが、鯛とキノコからほんまにええ味、色んな風味が出てます。鯛の身もぷりっぷり。焼いた香ばしい部分は、めっちゃ甘いですしね。キノコとゴボウでバラバラな食感を楽しめますね。

まぁ夫婦2人分と考えると、作り過ぎ(笑)と思いますが、塩昆布や柚子胡椒とも相性抜群。

そのまま、塩昆布、柚子胡椒、お茶漬けと4度楽しめました!

※塩昆布


※柚子胡椒


※塩昆布とお茶漬け

晩ごはん症候群(シンドローム)
秋冬の炊き込みご飯レシピ (ボブとアンジーebook)
フジジン 柚こしょう 60g