Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所であり、バルである

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを、そして嫁に褒められるメシを作りたい〜

パイナップルを一つ手に入れたので、水耕栽培に挑戦してみた。


スーパーでパイナップルが売ってた

近所のスーパーでカットされてないパイナップルが売ってたので思わず買ってしまった。奈良のスーパーでカットされてないパイナップルなんて買えるとはマジで思わなかったから、ほんまにビックリ!!

実は、ずっとパイナップルを探してたんですよ。なんでかっていうと、家庭菜園でパイナップルをやってみたかったんですよ。パイナップルのヘタをうまく取り除いて、水耕栽培でヘタからまた新しいパイナップルを育てることができるらしいんですよ。ぜひぜひ試してみたいっと思って、見た瞬間に衝動買いしてしまいましたよ笑

でもパイナップルって切ったことないよ、パイナップルの切り方

と思って買ってきたものはいいものの、パイナップルってちゃんと切ったことないわ、と思って丁寧に勉強して、パイナップルの皮とちゃんと切ってみました。

1.ヘタを落とす


まずパイナップルに包丁を入れる部分は、緑色のヘタですね。パイナップルを寝かせて、緑色のヘタをなるべくギリギリを切り落とします。パイナップルを寝かせたら、バランスが悪いので気を付けてください。

※この切り落としたヘタは後で、水耕栽培するのに使います。

次にパイナップルを寝かせたまま、切り落としたヘタから2cmぐらいのところまでを切り落とします。このあたりの実は固いから、ちゃんと食べられません。この部分が包丁を入れるのに、一番力がかかります。

ここでめっちゃ甘い蜜の香りを感じます。しかし、果汁がぶわっと溢れるので、手がベタベタになりますが、これは仕方ありませんね。。。次からゴム手袋をはめるのがええかもしれません。

2.1/2カット⇒1/4カット

ヘタを落としたらパイナップルを立てて、真ん中に包丁を当ててすっと切ります。ヘタを落とすのに、そこそこ力を入れる必要があったので、包丁の峰を押して切ろうと思ったのですが、意外とすんなに刃が入っていきました。写真で見ると左手が危ない・・・

半分に切れたら、また1/4にカット。実の部分はザクっと切りやすいですね。

3.パイナップルの芯を切る

1/4に切れたら、パイナップルの芯を切り落します。芯の部分と実の部分ははっきりと色で違いが分かります。まず、パイナップルを立てて置いて、芯と実の境目に包丁の刃を当てて、まっすぐ切り落とします。

4.パイナップルの端を切り落とす


芯を落したら、パイナップルの端を切り落とします。触ってたらパイナップルの果汁がじゅわって出てくるから手がベタベタになりますね。

5.1/8カット


食べやすいサイズがいいな、ということで、さらに1/8カットします。

6.パイナップルの皮を切り落とす

パイナップルを立てて皮を切り落とします。1/4では皮を切りにくかったんですけど、1/8なら簡単に刃が落ちましたね。

7.余計な皮を切り落とし、食べやすいサイズにカット

なかなか皮が切り落とし切れないので、細かく皮を削ぎ落して、食べ安い形に切ればOK。後は食べやすいサイズに切り分ければ完了です!!お疲れさまでした。

酸味が低く、甘味が強め

今日買ったパイナップルは、パイナップルジュースで有名なDole社が日本人のために開発したという、フィリピン産のスウィーティオパイナップル。日本人のために開発されたということで、海外で食べたことのあるパイナップルのように酸味が強いタイプではなくて、控えめで甘味がめっちゃ強いと思う。香りもめっちゃいい。価格も1個259円とお手頃なので、スーパーでイチゴやキウイ買うならパイナップルの方がコスパも良いですね。

パイナップルの水耕栽培にチャレンジ

さて、本題ですが、パイナップルの水耕栽培にチャレンジ!

1.まずはヘタの下の余分な果肉と葉を取り除く


切り取ったヘタの下の部分にある余分な果肉や葉を取り除きます。果肉を水に浸けてしまうと、水が腐りやすくなるので、しっかり取っておきます。また、余分な葉も手で触れば簡単に剥けてくれます。


余計な果肉と葉を取り除いたのが上の状態。パイナップルのヘタってこんな感じなんですね。葉を剥がしたところに根っこが伸びてきそうな根元見たい部分がしっかり見えます。

2.水の入れた瓶にヘタを挿す



水の入った瓶にヘタの下の部分が水に浸かるようにヘタを挿す。これだけで完成。タオルで巻いたのは、昼間部屋を空けているときに、瓶の部分がレンズ効果で火事になるのを防ぐためです。

後は水が腐らないように定期的に水を交換してやればいいとのこと。だいたい1日1回だそうです。適当な瓶がなかったのですが、これはデカすぎたですね。。。水の交換がめんどくさいなぁ笑スタバのコーヒーカップぐらいが適当なサイズかもしれないですね。今度、買ったら持ち帰ろう。

南国のフルーツらしく、高温多湿の環境を好むので、冬でも10℃を切らず、陽があたる場所を探しておいてみます。虫とかはつきにくい植物なのも嬉しいですね。

今、の長さで12cm~13cmぐらい。どれくらいの長さになるものか、定期的にレポートは入れていきます。これで一つ楽しみが増えましたね。観葉植物扱いにもちょうど良いかもしれませんね。